工事管理と工事監理

「工務店がする工事管理」 と 「建築士がする工事監理」 は異なるものです。

 

工事管理(たけかん) は、現場監督がする 工事の工程や段取りをする仕事。

工事監理(さらかん) は、建築士がする 設計図面と工事の整合性をみる仕事。

 

建築士がするのは、図面通りに工事が進んでいるか?

現場の状況によって変更を余儀なくされる場合、どういう方法が一番いいか?

などを考え、対処することです。

よほど大きな物件でない限り、

設計意図を理解している設計者が監理をするのが、スムーズな流れだと思います。